アジアの伝統。

カンボジアとインドネシアのお酒を
買取させて頂きました。

『スラー・タケオ(武玉)』
アルコール度数40度 500mlの米焼酎。
カンボジアの農家で昔から造られている
伝統的なお酒「スラソー」。
この「スラソー」を更に改良すべく
日本の名古屋大学と現地農家が協力し
生まれたのが『スラー・タケオ』。
今ではプノンペンの飲食店や
お土産店を中心に人気のあるお酒。

『アラック・オブ・バリ』
アルコール度数29度 620mlのスピリッツ。
ヤシの木の樹液とインドネシア産の米が
原料の昔ながらの手造り蒸留酒。
ボトルの外装など全てがひとつずつ
手作業で造られており
まるで民芸品のよう。
バリ土産の定番中の定番。
ボトルを眺めながら
お酒を口に含み、味わい
異国の地に思いを馳せるのも
なかなか乙なものだと思います。
異国情緒に浸りたい方、
マンガ倉庫大分わさだ店
酒コーナーへお越しくださいませ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です