黄金の響。

サントリーウイスキー響21年
スペシャルボトルコレクション
九谷焼〈吉田屋風春秋図〉

瓢箪型のボトルを彩るのは
九谷焼の名匠・山上義正氏の筆になる
大胆で斬新な春秋図。
九谷の命とも言える青(緑)と紫で
水辺の羊歯を表現。
さらに肩先に桜と紅葉を鏤め
首に野の鳥を躍らせた意匠は、豪壮・華麗。
古九谷の再興をめざした吉田屋窯の
様式美をうかがわせています。
この力強く美しい瓢箪型ボトルに湛えられた
〈響21年〉もまた、日本の美しい春秋を
21年以上重ねた熟成原酒を吟味、厳選して
絶妙のブレンドを施した美酒。
伝統美の器で楽しむ一杯は、まさに
ジャパン・オリジナルな
至福のひとときといえるでしょう。

と、いうわけで
解説文を考える暇が無かったので
箱の中に封入されていた
説明書きをそのまま再現してみました。

ちなみに説明書きの一番上にある
黄金色のサントリーのシンボルマーク。
漢字の「響」をモチーフにしたものです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です