1/4。

今回ご紹介いたしますのは
『ラフロイグ クォーターカスク』
アルコール度数48度 700ml

「クォーターカスク」とは
通常の樽の1/4ほどの
大きさしかない小さい樽の事。
19世紀当時
馬の運搬用として
一般利用されていた
小樽からヒントを得て
製品化されたそうです。
小さな樽を使うと当然
詰められる原酒の量は
少なくなりますが
原酒全体に対する
樽材と触れる割合が
多くなるため
熟成が早まる効果があります。
「ラフロイグ」は
バーボン樽を解体して
わざわざクォーターカスクに
作り変えて使用。
ラフロイグ特有の
スモーキーな香りの中にも
ライトな印象を受けます。
ご興味のある方は是非
マンガ倉庫大分わさだ店へ
お越しくださいませ。
また、スコッチウイスキー
買取強化中です。
是非お売りくださいませ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です